警備員のバイトは何をするの?

警備員がする仕事には、交通誘導・催事警備・施設警備の3種類があります。交通誘導とは、駐車場や工事現場で歩行者や車の流れを誘導する仕事です。人が通る時に車を止めるなどのコントロールをして、事故を防ぐようにしています。催事警備では、人が多く集まるコンサートや花火大会などのイベントで誘導する仕事です。会場を巡回して監視や案内を行い、人の流れを誘導します。施設警備では、犯罪や事故を防ぐために建物の中を巡回する仕事です。会社の入っているビルや倉庫などで監視業務をしています。

警備員バイトのメリットやおすすめする人とは?

警備員バイトのメリットは、仕事の時間帯を選べることです。特に交通誘導はお店が開いている時間に限られているので日中働きたい人にはいいでしょう。工事現場の誘導なら夜勤があり、深夜手当を稼ぎたい人にはおすすめです。催事警備は、仕事をしながらイベントの雰囲気を楽しむことができます。芸能人の警備を担当する場合もあるので、楽しみが増えるかもしれません。施設警備は、長期的に働きたい人におすすめです。施設警備は公安委員会から委託されている場合が多いので、仕事がなくなる不安もありません。

警備員バイトの求人を探してみよう!

警備員バイトの求人は、求人サイトや求人誌から探すといいでしょう。警備をする場所は、地域を問わず多く存在するため、見つかりやすいです。また、採用する年齢層の幅が広いので若い人から高齢の人まで働くことができます。月給ではなく、その日にバイト代をもらえるところもあるので、それぞれの希望する条件で探してみるといいでしょう。派遣会社に登録しておけば、仕事がある時に声を掛けてくれます。

警備員のバイトに勤めることになったら、配属される場所はスーパーマーケットやサッカーの競技場など多岐にわたります。